メニュー

閉じる

ごあいさつ

当社の持つ総合力を活かし、お客さまとの「共生」を目指してまいります

昭和25年、雪印乳業株式会社の種苗部門が分離、独立して誕生した当社は、創業者である黒澤酉蔵翁が提唱した「健土健民」の思想を基に日本の農業の発展に貢献してまいりました。
そして、この日本の農業と密接に係わる事業展開を通して、現在の当社には生態系に関する幅広い知識、技術が蓄積されています。

今、日本の農業は、環境問題、農作物の輸入自由化など様々な課題を抱え、新たなパラダイムを迎えています。こうした中で当社は、「お客さま第一主義」のもと、いままでに培ってきたノウハウと先進の研究開発をもってお客さまを総合的にサポートし、お客さまとの「共生」を目指してまいります。食の安全性に係わる企業として当社は、絶えず厳しく事業の実態を点検し、強固なガバナンス体制を作り上げるとともに企業倫理の徹底を図り、持続継続性のある成長を成し遂げてまいります。

代表取締役社長 赤石 真人