メニュー

閉じる

畑作園芸分野緑肥作物種子

エンバク

緑肥ヘイオーツ

根物作物の有害線虫対策に!! 緑肥作物の王様!
全国各地で利用拡大中!

商品対応地域

北海道(道東・オホーツク)

北海道(道北・道南・道央)

東北

関東・中部・甲信越

近畿・中国・四国・九州・沖縄

  • 有害線虫の抑制
  • 土壌病害の抑制
  • 土壌団粒構造の形成
  • 防風・防砂作物
  • キタネグサレ線虫抑制
  • キタネコブ線虫抑制
  • 緑肥ヘイオーツ

    緑肥ヘイオーツ

  • 緑肥ヘイオーツ

    緑肥ヘイオーツ

  • 緑肥ヘイオーツ

    緑肥ヘイオーツ

  • 緑肥ヘイオーツ
  • 緑肥ヘイオーツ
  • 緑肥ヘイオーツ

特性・特徴

北海道 ・キタネグサレセンチュウ対抗作物
・平成3年北海道普及奨励事項。
・エンバクの野生種です。
・ダイコン、ニンジン、ゴボウ、ナガイモ等の大敵:キタネグサレセンチュウを退治します。
・ニンジン、ゴボウ等の大敵:キタネコブセンチュウを抑制し、被害を少なくします。
・ジャガイモそうか病、アズキ落葉病、バーティシリウム病、アブラナ科野菜類根こぶ病等の被害を軽減します。
・緑肥用エンバクに比べ分けつが多く、茎葉豊富で極多収。
・出穂が遅く、炭素率が低いため、すき込み後の分解が早い。
・種子が小さく、栽培が容易です。
都府県 ・発芽が早く、初期生育が旺盛で分げつが多く、極多収の品種です。
・ダイコン、ニンジンなどの根菜類の大敵であるキタネグサレセンチュウを抑制します。
・ジャガイモそうか病やアブラナ科野菜の根こぶ病の発生を軽減します。
・60日栽培で堆肥2トン分相当の有機物を補給できます。

使用時期

道東・道北 【播種期】春 4月下旬~6月中旬・夏 7月下旬~8月中旬
【すき込み時期】播種後50~60日後
道央・道南 【播種期】春 4月下旬~6月中旬・夏 7月下旬~8月中旬
【すき込み時期】播種後50~60日後
東北北部・寒高冷地 【播種期】春播き:4月上旬~6月上旬・夏播き(年内すき込み):8月中旬~9月上旬
東北中部・南部 【播種期】春播き:4月上旬~6月上旬・夏播き(年内すき込み):8月中旬~9月上旬
一般地 【播種期】春播き:3月上旬~5月下旬・夏播き(年内すき込み):8月下旬~9月中旬・秋播き(越冬栽培):10月中旬~11月上旬
西南暖地 【播種期】春播き:2月下旬~5月上旬・夏播き(年内すき込み):8月下旬~9月下旬・秋播き(越冬栽培):10月下旬~11月下旬

使用量

北海道 【播種量】10~15kg/10a(線虫対策の場合は15kg/10a、9月播種の場合は20kg/10a)
都府県 【播種量】10~15kg/10a(線虫対策の場合は15kg/10a)

使用上の留意点

・播種後は軽い覆土と鎮圧を行ってください。
・栽培60日前後、草丈80cm~出穂始がすき込み適期となります。すき込みが遅れると結実し、落下種子による発芽も心配(出穂始から20~25日)されますので注意してください。
・また、暑い時期には、生育が緩慢になり抑制効果が低下しやすくなります。梅雨明けにはすき込みを終えてください。
・基肥については通常は無施肥ですが、肥料分の少ない圃場では、窒素成分で5kg/10aの施用が目安となります。

用途・機能・特性

類似商品

商品情報

フリーワードで商品を探す

  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 芝生種子(苗)・肥料の購入