メニュー

閉じる

畑作園芸分野緑肥作物種子

ナギナタガヤ

雪印系 ナギナタガヤ

自然の倒伏によるマルチ効果で長期間雑草を抑制!

商品対応地域

北海道(道東・オホーツク)

北海道(道北・道南・道央)

東北

関東・中部・甲信越

近畿・中国・四国・九州・沖縄

  • 雪印系 ナギナタガヤ

    雪印系 ナギナタガヤ

  • 雪印系 ナギナタガヤ

特性・特徴

・自然に倒伏するため刈取りは不要です。さらにマルチ効果により長期間雑草を抑制します。
・枯れて堆積していく茎葉は有機物として土壌改良に貢献します。
・表土の流亡防止、根による深耕効果も得られます。

使用時期

東北北部・寒高冷地 【播種期】9月上旬~9月下旬
東北中部・南部 【播種期】9月上旬~9月下旬
一般地 【播種期】9月中旬~10月中旬
西南暖地 【播種期】9月下旬~11月上旬

使用量

都府県 【播種量】2~3kg/10a

使用上の留意点

・雑草の競合を防ぐために、播種前には、除草剤散布・中耕作業により地表面をきれいに処理しておきます。時期と量を守り、ムラなく播種した後は軽く覆土をします。
・基肥は残肥で対応します。また、十分に生育させるために、春先に窒素成分で2~5kg/10a程度を追肥します。(速効性肥料、目安として硫安10~20kg/10a)
・雑草が発生した場合は、翌年以降のことを考え、雑草が種子を落とす前に、手取り除草、刈取り、除草剤散布などの対応をしておきます。
・落ち種子のみに依存するとムラがでることがありますので、生育の少な

用途・機能・特性

商品情報

フリーワードで商品を探す

  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 芝生種子(苗)・肥料の購入