メニュー

閉じる

畑作園芸分野緑肥作物種子

スーダングラス

ねまへらそう

有機物供給と休閑利用での線虫対策に最適!!
夏場のキタネグサレセンチュウ、サツマイモネコブセンチュウ対抗作物!

商品対応地域

北海道(道東・オホーツク)

北海道(道北・道南・道央)

東北

関東・中部・甲信越

近畿・中国・四国・九州・沖縄

  • ねまへらそう

    ねまへらそう

  • ねまへらそう

特性・特徴

北海道 ・キタネグサレセンチュウをヘイオーツに準じて減らし、ソルゴーやトウモロコシに代わる線虫対抗作物です。
・休閑利用でバーティシリウム病菌の密度を低下させます。
・小麦休閑利用でトウモロコシやソルゴー並みに乾物で約1トン多収です。
・耐倒伏性、耐病性に優れます。・無施肥栽培で、塩類集積ハウスのクリーニングクロップとしても利用できます。
・夏場の農薬飛散ガード作物として利用できます。
都府県 ・キタネグサレセンチュウや、サツマイモネコブセンチュウの密度を滅らし、後作物の線虫被害を抑えます。
・夏場に緑肥ヘイオーツの生育が緩慢になる地域で、特に威力を発揮します。
・ギニアグラスなど従来の暖地型草種に比較すると種子が大きいため播きやすく、初期生育も良好で栽培が容易です。

使用時期

道東・道北 【播種期】露地:6~7月、ハウス:5~8月
道央・道南 【播種期】露地:6~7月、ハウス:5~8月
東北北部・寒高冷地 【播種期】露地:5月下旬~7月下旬、ハウス:5月~7月
東北中部・南部 【播種期】露地:5月下旬~7月下旬、ハウス:5月~7月
一般地 【播種期】露地:5月中旬~8月上旬、ハウス:5月~7月
西南暖地 【播種期】露地:5月上旬~8月中旬、ハウス:5月~7月

使用量

北海道 【播種量】5~8kg/10a
都府県 【播種量】5kg/10a

使用上の留意点

・播種後は必ず覆土と鎮圧をしてください。
・出穂が極めて遅い品種なので、出穂を待たずに播種後50~60日を目安にすき込みを行ってください。
・ロータリーかプラウですき込み、分解期間は3~4週間を目安にします。事前に細断するとすき込みが容易です。
・基肥については通常は無施肥ですが、肥料分の少ない圃場では窒素成分で5kg/10aの施用が目安となります。

用途・機能・特性

商品情報

フリーワードで商品を探す

  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 芝生種子(苗)・肥料の購入