メニュー

閉じる

CSR方針およびCSR重要課題(マテリアリティ)

CSR方針

雪印種苗は、「雪印種苗行動基準」を基に、誠実かつ公正な事業活動を通じて企業理念を実践することにより、社会の持続可能な発展に貢献します。

  • 雪印種苗のコンプライアンスの基本である「倫理、安全、品質はすべてに優先する」ことを第一に、CSR経営を推進します。
  • 事業活動を通して、ステークホルダーの皆様からの期待に応え、社会からの信頼度を高めます。
  • 社会課題を基点としたアプローチにより、雪印種苗が取り組むべき課題を重要課題(マテリアリティ)として特定し、社会課題の解決に向けて取り組みます。

CSR重要課題(マテリアリティ)

酪農業における課題の解決

重点取り組みテーマ:安全・安心な製・商品の提供

安定的かつ持続可能な原材料の調達や、適切な商品情報の開示など、一貫した安全・安心への取り組みを行います。

達成年度 KPI
2023
2026
  • CSR調達方針を策定する。
  • 種苗生産部(3種子センターを含む)において、ISO9001の認証を取得する。

重点取り組みテーマ:自給飼料型酪農の推進による 酪農生産基盤の強化

当社の飼料作物種子商品と、技術サポートを通して、自給飼料型酪農を推進し、持続可能な酪農生産と、その基盤強化に貢献します。

達成年度 KPI
2030
  • 当社商品による作付面積2019年度比3%増とする。

環境問題への対応

重点取り組みテーマ:地球温暖化防止への対応

温室効果ガス排出の低減に取り組み、酪農、農業全般に影響を及ぼす地球温暖化防止に対応します。

達成年度 KPI
2030
  • CO2排出量を2013年度比50%削減する。

重点取り組みテーマ:循環型社会の実現

廃棄物の排出量を削減し、リサイクル率の向上を目指します。
水資源について、リスクの把握とともに有効利用を推進します。

達成年度 KPI
2030
 
2022
2030
  • 廃棄物排出量を2013年度比30%削減する。
  • 廃棄物リサイクル率98%以上にする。
  • 水リスクの状況を把握する。
  • 水使用量を2013年度比9%削減する。

重点取り組みテーマ:自然共生社会の実現に向けた対応

当社の技術力を活用し、安全かつ持続可能な地域づくりの実現に貢献します。

達成年度 KPI
毎年
  • 2020年度の緑地等管理施工面積1,700,000m2、樹木管理施工本数 27,000本を維持する。

多様な人材の活躍と、活力ある職場の実現

重点取り組みテーマ:多様な人材の活躍と、人材育成

性別や年齢、障がいの有無にかかわらず、すべての役職員の活躍を推進し、人材の育成強化に取り組みます。

達成年度 KPI
毎年
  • 多様性・ワークライフバランスに関わる教育研修を実施する。
  • 障がい者の雇用について、法定雇用率を遵守する。

重点取り組みテーマ:従業員の労働環境の改善

働き方改革による労働時間の削減や、健康経営の推進に取り組みます。

達成年度 KPI
2022
毎年
  • 「健康宣言」を制定する。
  • 年間所定外労働時間を2020年度比10%以上削減する。
  • 年次有給休暇の年間取得率を70%以上とする。