メニュー

閉じる

雪印種苗行動基準

行動基準

私たちが仕事を行う際に、一人ひとりが守るべき行動の基準として、ここに「雪印種苗行動基準」を定めます。
私たちは、この「雪印種苗行動基準」を日常の仕事と一体化するまで徹底し、全ての活動、取り組みにおいてこれを実践することで、社会的な役割と責任を果たしていきます。

基本的な考え方

  • 私たちは、コンプライアンス(法令・社内規程・社会規範の遵守)を徹底し、
    誠実かつ的確に行動します。
  • 私たちは、安全かつ確かな品質を維持し、社会に貢献できる商品を
    開発、生産、製造、販売していきます。
農業に貢献する
雪印種苗の社是は「技術と誠意で農業奉公」であり、私たちはこの考えのもと、知識の習得と技術の向上に努め、農業関係者の皆様に対して誠実に行動することにより、農業の発展に貢献していきます。
自然・環境と共に生きる
私たちは、私たちの仕事が自然・環境と共にあることを常に意識して行動し、創業者黒澤酉蔵翁の精神「健土健民」を実践していきます。そのため私たちは、自然・環境の保全や、環境に配慮した製品の開発、都市緑化の提案などに取り組んでいきます。
社会とのつながりを大切にする
私たちは、事業を通じて社会とのつながりを大切にし、社会に貢献していきます。そのため私たちは、酪農振興への支援、技術情報の提供、地域社会におけるコミュニケーション作りなどに取り組んでいきます。
働きがいのある職場を作る
私たちは、一人ひとりがお互いを尊重し、働きがいのある職場を作っていきます。そのため私たちは、社内での対話を大切に正確な情報の伝達を行い、信頼し合える人間関係作りに取り組んでいきます。

雪印メグミルクグループの取り組み

雪印メグミルクグループの一員として、グループでの取り組みに参加し社内にフィードバックしています。グループで実施する「食の責任を強く認識し、果たしていくことを誓う日の活動~雪印の事件を風化させない~ 」は、当社の前身である雪印乳業グループが起こした2つの事件(「雪印乳業食中毒事件」、「雪印食品牛肉偽装事件」)の本質的問題を常に認識して教訓とし、風化させないため、そしてグループ会社の役職員として、食の責任を強く認識し果たしていくことを誓うために、毎年、2つの事件が発生した6月と1月に実施されています。
また、当社のグループ会社に対しても、同様にフィードバックし取り組みを継続しています。

職場活動

「雪印種苗行動基準」を基本としたコンプライアンスの徹底を目的とし、職場毎にグループの編成、グループリーダーを設置し、情報共有化や討議し意識の定着の取り組みを継続しています。また、毎年、コンプライアンス・CSRに関する社員の意識・定着度の確認のために「CSR社員アンケート」を実施しています。結果から現状の実態確認を行うと共に、抽出した課題について対応を行うことで、当社のコンプライアンス活動をより良いものとしています。

情報共有化

毎月、雪印メグミルクグループの情報共有ツールである「CSRかわら版」を社内報へ掲載しコンプライアンス・CSRの意識定着に取り組んでいます。

研修

新入社員研修、階層別研修などに、コンプライアンス・CSRの意識定着する内容を組み入れています。また、中期経営計画の全部署・場所の説明会においても、コンプライアンスの重要性やホットラインの説明を行い、当社の経営の基盤であるコンプライアンスの普及定着を推進しています。

ホットライン

当社では社内並びにグループ会社で内部通報・相談できる窓口「ゆきたねホットライン」を設置しています。
私たちは、社内で「雪印種苗行動基準」を逸脱したり、逸脱している懸念がある場合は、見過ごさず、上司や同僚に相談するなど、問題解決に向け行動します。 もし、職場内での解決が困難と感じた場合は、「ゆきたねホットライン」、雪印メグミルクグループ全体の「社外(弁護士)ホットライン」に相談・連絡し、ホットライン事務局は誠意をもって適切に対応します。 「雪印種苗行動基準」を逸脱した場合は、社内規程に基づき応分の処分を受けます。