メニュー

閉じる

営業本部の仕事紹介(社員の一日)

北海道統括支店

別海営業所

酒井 輝彦

みなさんは別海町という町を知っていますか?生乳出荷量日本一の農協がある酪農王国なのです!!そんな、酪農が盛んな地域では、配合飼料と牧草種子をメインで営業活動をしています。

一日のスケジュール

8:20出社
営業所から徒歩10分の所に社宅があり、そこから出勤しています。営業所で社宅があるのは、なんと豊島と別海だけです!出社後、メールチェックの他、本日のスケジュールを確認して、外勤の準備をします。
9:30営業所出発
営業所を出発する時間は、その日の準備のボリュームによって変わります。営業では、お客さまの牛舎や自宅を訪問します。時間帯によって、訪問場所が異なります。(私はなるべく自宅に顔を出すようにしています。)“既存なくして新規なし!”の教えを基に、色々なお客さまを訪問しています。お客さまとは、ほとんど世間話で盛り上がります。ささいな会話の中に、お客さまの知りたいことが隠れている…かも?
12:00昼食
ここで、愛妻弁当登場!!…と言いたいですが、独り身の私は、いつも決まった食堂でご飯を食べています。ボリューム満点で、日に日におなか周りが気になっていきます。別海に来たら、一度ご賞味あれ!!
13:00トータルサポート室との巡回
当社には、酪農畜産技術を専門に扱うトータルサポート室という部署があります。この部署があることで、お客さまへより詳細な情報提供が可能となり、当社の強みとなっています。営業も、彼らと一緒に巡回することで、牛のコンディション(体型・体調)や飼養管理技術等の新しい知識を身に付けることができます。
17:00帰社
その日のスケジュールによって帰社時間は異なります。営業トークに熱が入ると、もっと遅くなることも…。楽しい時間はあっという間ですね!!帰社後は、発注業務や飼料計算などの事務作業を行います。また、お客さまからのご要望やご質問に対して自分なりの答えを見つけます。その後は、明日に向けて準備をします。
17:30片付けて帰宅へ
帰宅時間は、事務処理の量によってまちまちです。自分が納得いく仕事をして、なんぼですもんね!!また仕事後の所内のコミュニケーションもとても大事です。ここでも、自分の知識を増やすためのヒントが隠れています。帰宅が、気が付いたら、こんな時間!?なんてことも。“他の職種では味わえない営業の魅力”は、多くの方々との交流が出来ること。机に向かっているだけでは経験できない事を経験できます。十人十色という言葉があるように、色々な方と交流することで自分の成長に繋がっていくと思います。時には怒られたり、褒められたり、遊びに誘っていただいたりするなかで、一人だけではできないような経験を積ませていただいています。また、成果がいち早くわかります。自分がやった分だけ、自分に返ってくる、そんなところにも魅力を感じます。