メニュー

閉じる

人材育成と教育

雪印種苗では、社員一人一人が個性と能力を発揮し、チーム力を強化して社是である「技術と誠意で農業奉公」を実現するための教育・研修を行っています。入社1年目から階層ごとに研修を設定し、それぞれの立場における役割や責任に基づく理論・行動を学び、実践につなげていただきます。職種別では随時、各部門で必要とされる専門知識・スキル取得のための研修を実施するとともに、中堅社員の異業種交流研修への参加や若手社員をグローバルリーダーに育成するための海外研修も実施しています。

階層別・職種別研修体系

※以下に若手社員研修の概要について記載します。

若手社員研修

入社から3年間で一人前の社員に育てることを目標に、様々な若手研修のプログラムを提供しています。

新入社員研修

入社直後の雪印メグミルクグループ新入社員研修を始めとして、雪印種苗の経営理念・社是・行動基準の理解、社会人としての基礎、会社の事業・組織・規則・商品基礎知識の習得、役員との懇談などのメニューで、入社後1ヵ月間研修を行います。
その後6月末までの2か月間は、研究農場・技術研究所・種子センター等での実習、営業体験、酪農に関する集中講義・現地視察実習、安全運転・パソコン研修など、多彩な内容の研修を用意しています。

新入社員フォローアップ研修

配属後、OJT(職場内教育)で業務遂行に必要なスキルを習得していただきます。配属から6ヵ月を経過したころ、現状を振り返り、仕事や職場に対する不安・不満を払拭して前向きに仕事に取組むための研修を行います。また、冬道安全運転研修、役員との懇談、新商品・技術情報の習得や仕事に関する基礎知識の再確認を行います。

3年目社員研修

同期入社の仲間の現状確認と共有、役員との懇談、中期経営計画の進捗状況の把握、新商品・技術情報、財務諸表や売掛債権管理の基礎知識習得などの研修を行います。合わせて3年目社員として期待される立場・役割の共有、ビジネス基礎スキルの開発強化、自己課題の明確化と具体的な職場実践行動への結びつけのための研修を行います。