メニュー

閉じる

働きやすい会社にするために

社員を大事にする会社として、社員が働きやすくする諸制度の充実に努めています。

次世代育成支援行動計画

1.計画期間

2021年4月1日~2023年3月31日

2.内容

目標1 年次有給休暇の取得促進
年次有給休暇の年間取得率を70%以上とします。
<目標達成のための対策・スケジュール>
・女性活躍推進法に基づく行動計画と同様の目標値を設定する。
・計画年休制度により、取得目標を設定する。
※2021年度の計画的付与制度にて設定10日を推奨
※2022年度の計画的付与制度にて設定13日を推奨、達成を目指す。
目標2 年間所定外労働時間の削減
2020年度実績比で10%以上削減します。
<目標達成のための対策・スケジュール>
・労働時間の実態分析と課題改善
・業務改善等による生産性の向上と意識改革の推進
・フレックスタイム制の効果的な利用の促進
※削減目標、2021 年度5%、2022 年度10%とする
目標3 ワークライフバランスにつながる制度の整備と周知
<目標達成のための対策・スケジュール>
・在宅勤務制度の拡充、自己啓発支援の拡充
・育児休業の男性の取得者を3名、女性の取得水準を維持する
・育児休業中の従業員への支援を検討する
※在宅勤務制度の拡充    2021年4月
※通信教育講座の利用促進、および講座内容の拡充    2021年9月
※産前産後、休業、社会保険制度の説明資料、事例紹介の整備    2021年6月
※休暇休業中のPC貸与、復職前後の面談実施    2021年4月

女性の活躍推進に向けた行動計画

1. 計画期間

2020年4月1日~2023年3月31日

2. 当社の課題

採用者した労働者に占める女性労働者の割合については、男女差が小さいが、管理職に占める女性労働者の割合が低い。

[採用した労働者に占める女性労働者の割合]2020年4月現在
区分 女性 男性
社員 67% 33%
嘱託社員 0% 100%
シニア社員 0% 100%
準社員 86% 14%
契約社員 50% 50%

*契約社員は、1年以上の雇用の見込まれる者で算出。

3. 定量的目標

目標1 労働者に占める女性労働者の割合を17%から22%にする。

目標2 年次有給休暇の年間取得率を70%(取得日:13日)以上にする。

4. 取組内容

取組1

採用に占める女性の割合40%を維持する。

男性労働者中心であった職場への女性労働者の配置拡大と、多様な職務経験の付与

在宅勤務制度等、多様な働き方が可能となる仕組みの検討・導入。

取組2

年次有給休暇計画付与制度の活用

属人的な業務体制の見直し、チーム内の業務状況の情報共有による複数担当制等の業務カバー体制の構築