メニュー

閉じる

地域区分・草種別利用パターン

ウィンターオーバーシーディング(WOS)利用型

1年で2種類の芝を使い分けて、一年中緑の芝生を維持する方法です。暖地型芝草をベースに秋期に寒地型芝草の種子を播種し(ウインターオーバーシーディング)、冬期問も緑度を保ち、春期には暖地型芝草に戻し、一年中常緑化します。
この場合、ベースの暖地型芝草とウインターオーバーシーディングする寒地型芝草の選定が非常に重要です。優良な品種を選定しないとトランジッション(寒地型芝草から暖地型芝草への切り替え)がスムーズに行われないケースがあり、ベースの芝が傷み、大面積の張替え作業が生じることがあります。
ベースの暖地型芝草には、芝の傷みからの回復が早い品種を選定することが重要です。更に、ウインターオーバーシーディングに利用する品種は、一年生の品種や耐暑性が低く、春期の衰退が早い品種の選定が必要になります。

適応地域IV~VI

地域性

関東以西の暖地を中心に分布しています。北の地域に行くほど取らんジッションが難しく草種・品種の選定が重要になります。

【主なベースとなる暖地型芝草】
・バミューダグラス(ティフトンシバ含む)

【主なウィンターオーバーシーディング用の寒地型芝草】
・アニュアルライグラス
・ペレニアルライグラス(WOS用品種)

該当商品を一覧で見る

商品情報

フリーワードで商品を探す

  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 芝生種子(苗)・肥料の購入