メニュー

閉じる

芝生の造成方法

1.種子播種

播種時期

寒地型芝草 暖地型芝草
寒高冷地 春 5月上旬~7月上旬
秋 8月
冷暖地(III) 春 4月下旬~6月下旬
秋 8月下旬~9月下旬
春 6月上旬~7月中旬
温暖地(IV) 春 3月下旬~6月中旬
秋 9月中旬~10月中旬
春 5月上旬~7月中旬
西南暖地(V~VI) 春 3月中旬~5月下旬
秋 9月下旬~10月下旬
春 4月中旬~7月下旬

注)播種適期以外の時期に播種されますと、極端に発芽・生育が悪くなることが予想されます。
必ず播種適期をお守りください。

 

播種方法

1. 床土の基盤整備
石ころやごみを取り除きます。
必要に応じて砂や堆肥、石灰、熔リンなどの土壌改良材等の資材を散布し、土壌に均一に混合します(表層20cm程度)。
トンボやレーキ等を使用し表面を平らに整地します。表面排水をとる場合は傾斜をつけます。

 

2. 施肥
(土壌分析を行ってから施肥量を決めるのが好ましい。)
化成肥料50~150g/m2(できれば緩効性でNPK各8%程度のもの)を表面に均一に散布します。
レーキ掛けを行い、肥料と土を絡ませます。

 

3. 播種
全体に種子を3等分にします。それぞれ縦・横・斜めの方向に播いていきます。三方播きと称し、播きすぎや播きムラを防ぐことができます。芝生の種子は小さく、風に飛ばされやすいため、風のない日を選んで播種しましょう。

 

4. 覆土・鎮圧・散水
覆土は極薄くてよく、レーキ掛けで済ましてもかまいません。種子と土とを絡ませます。ローラーや適当な大きさの板材などを利用して鎮圧します。発芽が揃うまで散水を行います。

 

5. 養生管理
寒地型芝草は播種後7~10日ほどで発芽が確認され、草丈が5~10cm程度に伸びてきたら第1回目の芝刈りをはじめます。(暖地型芝草は15~30日ほどで発芽が確認されます。)その場合、一気に低く刈り込まず、徐々に低く刈り込み、目標の刈り高にあわせましょう。旱魃が続くようなときは散水を行いましょう。
特に砂を主体にした床土基盤で造成する場合は、排水が良好になる反面 、乾燥により発芽不良を起こしたり、生育傷害を受けることがあります。天候条件に十分注意してこまめに散水を行ってください。

商品情報

フリーワードで商品を探す

  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 芝生種子(苗)・肥料の購入